So-net無料ブログ作成

 自公連立と組織票              [天成人後]


 なにか公に関する事で困ったことがあったら、共産党 か 公明党 の議員に持ち掛ければ、熱心にそれに取り組んでくれるという。 庶民の政党、弱者の味方という事で、この両者は似ている。 赤旗 と 聖教新聞 。 ただし頼み事をすれば、それ相応の付き合いが求められると言う。 経団連、労組、官僚、電力、大企業。 これらに加えて 米国 に決して逆らわない 自民党、そして 民主党。 この他、石原維新やら。

 共産主義と資本主義なのだから連立は組めないだろうが、 もう片方のカルト系とは、まるで庶民の口封じのようにえげつなく連立を組む。 この えげつなさ というのが、自民党の強さの本質であり、自公連立の強さである。 選挙で勝ち政権を握ると言う事を、どれだけえげつなくとも成しうるかというパラダイムの勝者が、自民党なのである。 

 組織票を認めない。  選挙の問題は、ここに尽きる。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。