So-net無料ブログ作成

 維新の完遂              [おかしな帝王学]



 東洋人、黄色人種として初めて 産業革命 を成し遂げた日本は、当然のように 富国強兵 の道を走った。 世界は帝国主義の時代に突入していた。 その遂行に当たったのは、明治維新によって生まれ出た 官僚機構だった。 日露を征し、日本は列強の末席に座る。

 しかしその結末は悲惨を極めた。 軍部主導のもと官僚機構の暴走で、我が国は民族滅亡の危機に瀕した。 最後には市民の上に2度も原爆を落とし、立ちはだかったのは またもアメリカ。 

 ただし幕末時とは違うのは最先端のテクノロジーで、最新・最強の国になっていたという事だ。 占領・統治についても、最先端の国であるという自覚だろうか、歴史的に見て他と比較すれば日本は穏やかな統治を受けたと言っていいだろう。 

 日本統治にあたって、軍部を切り離した官僚機構 (軍部もれっきとした官僚機構である) がそのまま残された。 それがまたも国家財政の破綻も省みず、省庁あって国家なし、むさぼり尽そうとしている。 だから今の今も、もしかしたら官僚機構は終戦をむかえてないのではないか、と申し上げた。 昨今の官僚機構の問題を見るにつけ、明治憲法の国民と政府のあり方から、どうも意識の下のほうで抜け出ていないのではないか、主権在民を謳ったいまの憲法を叩き込むべきではないか。 その為には、自民党政権は終わらせるべきだと申し上げた。

 こうして見ると、先の政権交代から始まったこの うねり のようなものは、明治維新の完遂にむけてのものだともとらえられる。 世界の中の日本の居場所を、自ら定めるという事で、同時に 独立運動 であるという言い方もできる。 



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。