So-net無料ブログ作成

 明治維新                  [文化の日]



 産業革命というのは、この日本へはどのように伝わってきていたのだろうか。 いずれにしろ日本は、幕末がおとずれるまでの少なくとも数十年、やり過ごしてきたと言う事だろう。

 植民地主義が帝国主義に変わった頃、その産業革命で手に入れた武力で 西洋 は、我が日本に開国を迫った。 アメリカがその役を担った。 黒船だ。 

 船と馬しか無い時代、西洋から日本は遠かった。 グリニッジから見て極東なのである。 そして島国であることも相まってインド、中国(清)と 西洋 が伝わって来るのを、聞いて考える時間があった。 

 馬と船、人力でしか情報が伝わらない、小規模の印刷しかない、そんな時代に。 お互い連携したわけでないのに、日本の幾つかの場所でほぼ同時に、幕末から維新にかけて活躍した人物が立ち上がる。 攘夷・開国と変遷するが、要はこの世界情勢の中、いまの幕府体制では駄目だという思いだったと思う。

 同時多発的に始まったと言える、明治維新。 これはとても不思議なことで、これが無ければ中国(清)のように、いいようにいじられていた可能性がある。 つまり、日本が自ら産業革命を成し遂げたと言う 大きな側面を持つ 明治維新 は、幸運も合わせて民族の力で成された。 東洋人、黄色人種として初の事だ。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。